世界と日本のアニメーションの歴史

この記事をシェアする

様々な絵の動かし方

1つ目の絵の動かし方は「フルアニメーション」という動かし方でセル原画が細かく描かれていて、細かい背景の部分までしっかりと作られていて、24コマで作られているため、細かい動きまで、実写に近いアニメーションとなっていて、2つ目の絵の動かし方は「リミテッドアニメーション 」という動かし方で絵を減らして費用や時間を短縮し作るアニメーションで、費用や時間を短縮する方法として、8コマにして、アニメーションの会話のシーンでキャラクターなどの口の部分のみを動かしたり、メインキャラクターのみ動くようにしていました。
3つ目の動かし方は「ストップモーションアニメーション」という動かし方で、止まっている物を一枚ずつ撮影し、それを早く動かすことで絵に「動き」を与える撮影方法でパラパラマンガのようなアニメーションです。

アニメーション素材

アニメーション素材は5つあり、1つ目が「人形アニメーション」で人形などを1枚ずつ撮影し作ります。
パペットアニメーションと呼ばれたりもしますが、人形劇とは違います。
2つ目が「クレイアニメーション」で粘土を使用し、人形アニメーションよりも自由に動かすことができるアニメーションで、時間と費用がかかりますが、自由度が高くなったおかげでアニメーションとして評価される事も多くなりました。
3つ目が「ピクシレーション」で実際に実在する人や物を1枚ずつ撮影して作るアニメーションで、4つ目が「セルアニメーション」でセル画を使用して作り、伝統的な手法で、5つ目が「切り紙アニメーション」で切り絵を使ったアニメーションでキャラクターをコマごとに作る場合とキャラクターのパーツごとに撮影する場合があります。